2013年12月に発売されるジェネリック医薬品について各製薬メーカーから続々と情報は入ってきました。

今回、特に収載予定として大きく話題になっているのは、

  • 抗ウィルス薬 グラクソ・スミスクライン「バルトレックス(一般名:バラシクロビル)
  • HMG-CoA還元酵素阻害剤 興和「リバロ(一般名:ピタバスタチンCa)
  • マクロライド系抗生物質製剤 ファイザー「ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)
  • 抗悪性腫瘍剤(=チロシンキナーゼインヒビター)ノバルティス「グリベック(一般名:イマチニブ)

その他、メインテート錠0.625mg(田辺三菱)、ティーエスワン配合カプセル(大塚製薬)、アリセプト錠10mg(エーザイ)などのジェネリック医薬品も合わあせて承認されました。たくさんのジェネリック医薬品の承認されましたが、今年の12月に薬価収載されるかはまだ決定はしておりません。順次メーカーより情報が公開され次第改めてご連絡させていただきます。